コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水道 スイドウ

5件 の用語解説(水道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐どう〔‐ダウ〕【水道】

川や湖の水を引いて、飲料水・使用水・消火用水とするための施設。水源や導水、浄水などの設備。上水道。
上水道または下水道。ふつう上水道をいう。
船が通るみち。船の航路。ふなじ。
陸地に両側から挟まれて狭くなっている海または湖の部分。海峡。「豊後(ぶんご)水道

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいどう【水道】

人々の生活に必要な水を管や水路を用いて供給したり,生活環境で不要な水を排除するシステムの総称。古代ローマ帝国の遺跡にあるように,都市の歴史とともに都市生活を支える基盤施設として整備が進められてきた。現在では水道というと一般に上水道を指す場合が多い。水道には一般的な上水道,下水道のほかにも,地域と時代により種々の形態のものがあり,消火用水道,雑用水道工業用水道,営農水道などが存在する。将来,水資源が量的質的に迫(ひつぱく)する地域では,用途・水質別に複数の形態の用水供給システム,排水排除システム,再利用システムなどを包摂したさまざまなシステムがくふうされて用いられると予想される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいどう【水道】

飲料など、生活に必要な水を各家庭に供給する施設。上水道。 「 -を引く」
上水道・下水道・工業用水道などの水を供給する施設の総称。
江戸市中に水を供給するために設けた玉川上水や神田上水をいう。 「 -の水を産湯に浴びて/洒落本・通言総籬」
二つの陸地にはさまれた狭い水路。海峡。 「紀伊-」
船舶の通る航路。水路。ふなじ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水道
すいどう
waterworkswater supply

人々に水を供給するための施設の総称。飲んで安全な水を、用途を限定せずに1系統で配るのが一般の水道(上水道)である。水不足地域では、水質用途別に上質水道、雑用水道、工業用水道など複系統の水道も設けられる。明治期には、浄化して管で配る水道を、古代ローマ時代や江戸時代の(旧)水道と区別して上水道または近代水道と称した。広義には上水道と下水道とを総称して水道という。[小林三樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水道の言及

【上水道】より

…都市や集落へ飲料水を供給する施設の総体をいう。日本では江戸時代初期に生活用水の供給を主目的とする水利施設が初めて設けられたときに,それまでの農業用水施設と区別して上水,または水道ということばが用いられた。現在では都市への用水供給施設のうち,飲用(家庭用)を目的に含めていない水道(工業用水道など)に対して,飲用水の供給施設を一般に上水道と呼んでいる。…

※「水道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水道の関連情報