コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピナ スピナSpina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピナ
Spina

イタリア北東部,古代ポー川の河口近くにあったエトルリア人の都市。前4世紀ケルト人に略奪されるまでギリシアとの交易の中心地として栄えた。現在は 10km内陸部にあるが,発掘が進められ,ギリシアから輸入された陶器などが多く発見されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スピナの関連キーワードレイ(Jr.) パーカーM. パストラナ・ボレロインノケンチウス12世ハメス・ロドリゲスナイトメアフレームルアーフィッシングカピトリーニ美術館スピナー型磁力計ダランベールの夢フランク モハーいつもあなたとフランス社会学ツルムラサキコートールズ社会有機体説デファン夫人動物社会学エトルリア藤川由紀子レスピナス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スピナの関連情報