コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピナ Spina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピナ
Spina

イタリア北東部,古代ポー川の河口近くにあったエトルリア人の都市。前4世紀ケルト人に略奪されるまでギリシアとの交易の中心地として栄えた。現在は 10km内陸部にあるが,発掘が進められ,ギリシアから輸入された陶器などが多く発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スピナの関連キーワードM. パストラナ・ボレロレイ(Jr.) パーカーインノケンチウス12世ルアーフィッシングハメス・ロドリゲスナイトメアフレームカピトリーニ美術館ダランベールの夢フランク モハースピナー型磁力計いつもあなたとフランス社会学デファン夫人コートールズ社会有機体説ツルムラサキ11月9日5月23日動物社会学藤川由紀子

スピナの関連情報