コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交易 こうえきtrade

翻訳|trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交易
こうえき
trade

商品交換,いわゆる貿易と同義であるが,貨幣を用いない物々交換を含むか,ないしは物々交換に重点をおいた語として用いられる場合が多い。交易の歴史は古く,貨幣経済に先行する時代のみならず,原始社会においてすら行われた。人類の歴史は一面交易の歴史ともいうことができ,隊商シルクロードという言葉にもみられるように,人類の文化の発展に大きく寄与してきた。しかし,商品交換としての交易が社会的規模で,しかも社会の再生産の不可欠の過程となるのは,貨幣経済の成立,ひいては資本主義的商品生産の確立をまたなければならなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐やく〔ケウ‐〕【易】

こうえき(交易)」に同じ。
「―の船につきて、この国に帰りぬ」〈宇津保・藤原の君〉

こう‐えき〔カウ‐〕【交易】

[名](スル)
互いに品物の交換や売買をすること。「外国と交易する」
互いに交換すること。
「仮に今東西の風俗習慣を―して」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうえき【交易】

特定の個人あるいは集団の間で価値あるものを互恵的に交換する体系のこと。交易は大別して,貿易など経済上の生活必需物資の交換(この場合には市場の形成に関連する)と儀礼的に交換する場合とに類別できようが,前者は貨幣を媒介とする商業的レベルで,また,後者は直接的な物々交換に重点を置いて行われることが多い。したがって,経済的交易は貨幣経済の発展を前提とした交易であるのに対し,儀礼的交易は物品に対する等価意識や呪術的認識が前提となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうやく【交易】

〔呉音〕
こうえき(交易)」に同じ。 「唐物の-し給ひて/宇津保 初秋

こうえき【交易】

( 名 ) スル
互いに物品の交換や売買をすること。 「諸外国と-する」
互いに交換すること。 「学問を-して、智識を開き/西国立志編 正直
入りまじって、同化すること。 「何ぞ地気により少しく狐と質を-せしむるに非ざるを知ん/明六雑誌 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

交易の関連キーワードレプティス・マグナの古代遺跡交易(売買の古代的用語)スキーリングスサルストーン・タウン慶長遣欧使節団ハトシェプスト農業の交易条件サハラ越え交易チェンセーントンブクトゥホールルーリインド商務院キャフタ条約ネゲブ砂漠アドリア海アダフォアガーナ王国蝦夷地交易マランビルそれだのに

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交易の関連情報