コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発掘 はっくつ

6件 の用語解説(発掘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発掘
はっくつ

地下に埋もれた考古学的資料を科学的方法によって掘出して,過去の文化状況を明らかにしようとする行為。いったん発掘を進行させてしまえば,既存の状態を破壊することになるので,予備調査,記録,手段,観察,保存などの面にわたって細心の注意が要求される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっ‐くつ【発掘】

[名](スル)
地中に埋もれているものを掘り出すこと。「埋蔵金が発掘される」
考古学で、埋もれた遺跡を掘り出す作業。「ピラミッドの発掘調査」
世間に知られていないすぐれた人やものを見つけ出すこと。「隠れた人材を発掘する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

発掘【はっくつ】

考古学の基本的作業で,遺跡,遺物を掘り出すこと。それらが作られ使用された時代に最も近い状態で出現させ,遺存の状態からその当時の人間の生活状態や行動を探究する。測量,ボーリング,地下探査などによって発掘地点を決定,発掘区を設定して層位に従い掘下げる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

発掘

 地下を掘り起こすこと全てをさします。工事で地面を掘ることも発掘になります。しかし、ここでは地下を掘って、昔の人が生活していた跡などを探すことを指します。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はっくつ【発掘】

一般に土中その他に埋没して直接見ることのできない状況におかれている物件を,実見しうる状況に露出する行為をいうが,とくに遺跡において,考古学者が遺構や遺物を検出する作業行為を指すことが多い。ただしそのうちで,土地等を掘削する行為のみを発掘と呼ぶこともある。たとえば,現行の文化財保護法では,遺跡を土木工事等で掘削することを〈土木工事等のための発掘〉とし,考古学の調査を〈調査のための発掘〉と呼んで,一応この二つの行為を区別しているが,いずれにおいても〈発掘〉は土地の掘削のみを指す言葉となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はっくつ【発掘】

( 名 ) スル
土中に埋もれているものを掘り出すこと。
遺跡・遺物などの埋蔵文化財の調査のために地下を掘り下げて探索すること。 「 -調査」
世に知られていない優秀な人や物を見つけ出すこと。 「人材を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の発掘の言及

【考古学】より

…考古学は古い時代のみを研究する学問と考えられがちであるが,その取り扱う時代範囲にはなんらの制限もない。実際に北海道では明治期の開拓使関係の遺跡のような新しい遺跡の発掘も行われている。 考古学の属する上位の学問区分については,歴史学とする立場と人類学とする立場とがある。…

※「発掘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発掘の関連キーワード化石林深砂鉱床珪化木袖湊直接射撃埋没小便溜め延鏡掘っ建て直接検鏡法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発掘の関連情報