コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピログラフ すぴろぐらふspirograph

翻訳|spirograph

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピログラフ
すぴろぐらふ
spirograph

プラスチック製の歯車とボールペンを組み合わせた教材玩具(がんぐ)。歯車の組合せと、ボールペンの先を入れる歯車の穴を変えれば、複雑な幾何模様が無限に変化して描かれる。イギリスの電気技師フィッシャーが1965年に考案した。ボールペンの色を変えれば、模様の色彩も自由な変化が楽しめる。また歯車の歯の数の間には数学的な比例関係があるので、この比率をくふうすれば、最初から計画的に美しい模様をつくりだすことができる。売り出しと同時に、イギリスを中心にヨーロッパで人気をよび、65年全イギリス玩具小売商組合の教育玩具年度賞、66年にはフランスの芸術玩具オスカー賞を受賞。グラフィック・デザイナーをはじめ広い階層に迎えられて、だれにでも精巧な絵が自由に描けるところから、身体不自由児の施設などでも採用されている。日本でも67年(昭和42)から出回っている。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android