コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフィンゴリン脂質

1件 の用語解説(スフィンゴリン脂質の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

スフィンゴリン脂質

 スフィンゴシン脂肪酸が結合したセラミドにリン酸と窒素化合物が結合したリン脂質スフィンゴミエリン,スフィンゴエタノールアミンなど.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のスフィンゴリン脂質の言及

【脂質】より

…リン脂質は特異的な種類のリパーゼにより加水分解される。
[スフィンゴリン(燐)脂質sphingophospholipid]
 長鎖アミノアルコールであるスフィンゴシンかまたはその関連塩基を含む複合脂質で,植物・動物細胞の膜成分として重要である。神経組織に多く,脳にはスフィンゴミエリンが多量に存在する(図4)。…

【リン脂質(燐脂質)】より

…ホスファチドphosphatideともいう。アルコールとして,グリセロールをもつグリセロリン脂質glycerophospholipid(またはphosphoglyceride)と,スフィンゴシンをもつスフィンゴリン脂質sphingophospholipidに大別される。リン脂質はいずれも極性のある脂質であり,遊離の状態でもわずかに存在しているが,生体膜の重要な構成成分となっている。…

※「スフィンゴリン脂質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone