コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフィンゴリン脂質

世界大百科事典内のスフィンゴリン脂質の言及

【脂質】より

…リン脂質は特異的な種類のリパーゼにより加水分解される。
[スフィンゴリン(燐)脂質sphingophospholipid]
 長鎖アミノアルコールであるスフィンゴシンかまたはその関連塩基を含む複合脂質で,植物・動物細胞の膜成分として重要である。神経組織に多く,脳にはスフィンゴミエリンが多量に存在する(図4)。…

【リン脂質(燐脂質)】より

…ホスファチドphosphatideともいう。アルコールとして,グリセロールをもつグリセロリン脂質glycerophospholipid(またはphosphoglyceride)と,スフィンゴシンをもつスフィンゴリン脂質sphingophospholipidに大別される。リン脂質はいずれも極性のある脂質であり,遊離の状態でもわずかに存在しているが,生体膜の重要な構成成分となっている。…

※「スフィンゴリン脂質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スフィンゴリン脂質の関連キーワードリン脂質生合成阻害剤リン脂質(燐脂質)フォスフォリパーゼリン(燐)脂質ホスファチド複合脂質コリン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android