スプリングバック(英語表記)springback

世界大百科事典内のスプリングバックの言及

【板金プレス加工】より

…したがって,プレスの中の型においても,板材を押し込んで型になじませた後,除荷すると型どおりの製品ができることはほとんどありえない。型によって決定される形状と実際に加工された製品の形状との差をスプリングバックspring‐back量といい,慣行的に各プロセスにおいて代表的な点での変位量の大きさで表している。この値は板が薄く,かつ硬いほど大きい。…

※「スプリングバック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android