コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプール スプール

3件 の用語解説(スプールの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スプール

処理速度を調整するために、データを一時的に貯める場所。またはその機構。「バッファー」ということもある。たとえば、プリンターやFAXの処理速度は、CPUよりも低速なため、CPUがデータを直接送受信すると大量の待ち時間が発生してしまう。そこで、プリンターとCPUの間に特定のメモリー領域を用意し、この領域を介してデータを渡せば、CPUの拘束時間を大幅に減らせる。この仕組みをスプーリングという。Mac OSWindowsは、プリントスプール機能を備えている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スプール(spool)

糸巻き。
釣りのリールの糸巻きの部分。
カメラ映写機フィルムの巻き軸。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スプール【spool】

糸巻き。糸巻きの枠。
リールの糸を巻く部分。
カメラの、フィルムを巻き取る巻き枠、または軸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スプールの関連キーワードCLVデータキャッシュデータ処理バッファー記憶装置配水池命令キャッシュ一次キャッシュバッファメモリー酸調整剤データ・プロセシング

スプールの関連情報