コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリー・オン・スリー すりーおんすりーthree on three

知恵蔵の解説

スリー・オン・スリー

米国で、草野球のように草の根的なスポーツとして自然発生的に誕生した。広場・公園や駐車場などのゴールを設置したコートで、性別、年齢、技術、レベルを問わず、3人対3人でゲームを行う。屋外でプレーしているところからストリート・バスケットともいわれる。セルフジャッジ方式が原則。スポーツメーカーなどの企業主催の大会が多く開催され、ブロック・全国・国際大会へと発展し、審判制を取り入れ、大会ごとに試合時間・得点などのルールを決定。NBA主催の大会も日本で行われている。共通のルールは、コートの半分を使用、攻撃側がシュートを決めたら攻守を交代し、守備側だったチームは中央へ一度戻り攻撃を開始する。近年、日本でも米国のように公園などにバスケットボールコートが多く設置され、集まった人たちでスリー・オン・スリーを楽しむ光景が見られるようになった。

(中川昭 筑波大学(体育科学系)教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

スリー・オン・スリー

3人対3人で行う変形バスケットボール。米国ではいたる所で見られるストリート・バスケット。ゴールは一つで,通常のコートの半分またはフリースローレーンの広さがとれれば競技可能。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android