半分(読み)はんぶん

精選版 日本国語大辞典「半分」の解説

はん‐ぶん【半分】

〘名〙
① ふたつに分けた一方。二分の一。ふたつわけ。なかば。
文華秀麗集(818)下・神泉苑九日落葉篇応製〈巨勢識人〉「半分紅兮半分黄」 〔白居易‐同夢得酬牛相公初到洛中小飲見贈詩〕
物事に、ある要素がなかば含まれていること。ある程度そういう状態であること。名詞の下に付けて、「面白半分」「からかい半分」「遊び半分」「冗談半分」などのようにも用いる。
浮世草子・好色一代男(1682)六「御道中を見て、半分しんでぞ帰ける」
③ =はんぎょく(半玉)〔最新百科社会語辞典(1932)〕

はん‐わけ【半分】

〘名〙 半分ずつ分けること。半分わけ。やまわけ。
人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)初「それ故仕事を半分(ハンワケ)に、しようと云ふも仏性

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「半分」の解説

はん‐ぶん【半分】

2分の1の分量数量。「半分ずつ食べる」「半分に減らす」
(副詞的にも用いる)かなりの程度までその状態であること。なかばそのつもりであること。「半分は本気だ」「半分眠っている」
名詞に付いて、なかばその気持ちが含まれていることを表す。「面白半分」「遊び半分
[類語]五分ハーフ半ば半数半額半金半値四半分

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android