コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンバ[島] スンバ

2件 の用語解説(スンバ[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スンバ[島]【スンバ】

インドネシア中南部,小スンダ列島ヌサ・テンガラ)に属する島。地形は比較的平坦な石灰岩性山地からなり,最高点は標高1225m。気候的に乾燥して農業には不適だが,ビャクダンと馬を産する島として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スンバ[島]【Sumba】

インドネシア中部,小スンダ列島中央部にある島。面積1万1082km2。人口43万(1989)。主都は北岸のワインガプ。サウ(サブ)島,チモール島などとともに列島の主軸とは別の弧を形成し,列島主軸との間にサウ(サブ)海を抱く。ほぼ東西に細長く延び,石灰岩性の丘陵的地形を主とする。最高点はワンガムティ山(1225m)。気候は南東モンスーンの影響が強く,サバンナ的景観をなす所が多い。旧称サンダルウッド島の名のとおり,かつては白檀木を特産とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスンバ[島]の言及

【浮織】より

…今日最も素朴な織物の技術が伝承されているインドネシアの島々において,こうした浮織による紋織物が盛んに製作されている。これらはたいがい平織の地に各種の紋緯が加えられていくものであるが,とくに経糸を浮かせる経浮織はスンバ島のものがよく知られる。またインドでも金銀糸を交えた高価なサリー用の布が浮織によって作られている。…

※「スンバ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone