コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンバ[島] スンバ

2件 の用語解説(スンバ[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スンバ[島]【スンバ】

インドネシア中南部,小スンダ列島ヌサ・テンガラ)に属する島。地形は比較的平坦な石灰岩性山地からなり,最高点は標高1225m。気候的に乾燥して農業には不適だが,ビャクダンと馬を産する島として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スンバ[島]【Sumba】

インドネシア中部,小スンダ列島中央部にある島。面積1万1082km2。人口43万(1989)。主都は北岸のワインガプ。サウ(サブ)島,チモール島などとともに列島の主軸とは別の弧を形成し,列島主軸との間にサウ(サブ)海を抱く。ほぼ東西に細長く延び,石灰岩性の丘陵的地形を主とする。最高点はワンガムティ山(1225m)。気候は南東モンスーンの影響が強く,サバンナ的景観をなす所が多い。旧称サンダルウッド島の名のとおり,かつては白檀木を特産とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスンバ[島]の言及

【浮織】より

…今日最も素朴な織物の技術が伝承されているインドネシアの島々において,こうした浮織による紋織物が盛んに製作されている。これらはたいがい平織の地に各種の紋緯が加えられていくものであるが,とくに経糸を浮かせる経浮織はスンバ島のものがよく知られる。またインドでも金銀糸を交えた高価なサリー用の布が浮織によって作られている。…

※「スンバ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スンバ[島]の関連キーワードアラフラ海インドネシア語インドネシア語派小スンダ列島ティモール島フロレス島コモド国立公園スンダ列島大スンダ列島印度尼西亜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone