コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーヌラクシ Su Nuraxi

デジタル大辞泉の解説

スー‐ヌラクシ(Su Nuraxi)

イタリア半島の西、サルデーニャ島バルーミニにある、石造りの建造物。島には紀元前2000年紀後半から前8世紀頃にかけて、ヌラーゲと呼ばれる巨石を積み上げた建造物が数多く造られた。今でも7000ほどが残されているが、バルーミニのヌラーゲ、スーヌラクシは高さ約19メートル、直径約11メートルの巨大なもので、1997年「バルーミニのスーヌラクシ」として世界遺産(文化遺産)に登録された。スーヌラージ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スーヌラクシの関連キーワードヌラーゲスーヌラクシ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android