コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイビン:緑の4月、その柔らかな不安/piano solo A Faint Qualm, as of Green April

1件 の用語解説(セイビン:緑の4月、その柔らかな不安/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

セイビン:緑の4月、その柔らかな不安/piano solo

調性によるミニマリスティックな作品。8分音符の動きから始まり、次第にスピードと動きを加え、16分音符中心に音楽が進む。やや速度は速め。(飯田有抄 2007/8)

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セイビン:緑の4月、その柔らかな不安/piano soloの関連キーワードミニマリストスティックミスティックスティック糊スティックラインホリスティックモラリスティックラスティックシューマン, クララ:ロマンティックなワルツ/piano soloカッツ=チェルニン:譜めくり/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone