コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セメント芽細胞

1件 の用語解説(セメント芽細胞の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

セメント芽細胞

 セメント質を作る細胞の一つ.コラーゲン糖タンパク質を合成分泌し,セメント基質を作る機能を有する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセメント芽細胞の言及

【歯】より

…この過程がくりかえされ,また2種類の細胞は互いに遠ざかる方向に歯質をつくって歯冠ができあがる(図6)。歯根はまず,エナメル器の下端にできる上皮鞘(じようひしよう)に誘導されて象牙質部分ができ,その大半が形成されたころ,歯小囊の細胞から分化したセメント芽細胞によってセメント質がその表面につくられる。 歯の形ができ始めると,歯はゆっくり口腔上皮表面へ向かって動きだし,ついに上皮を破って歯冠を現す。…

※「セメント芽細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セメント芽細胞の関連キーワードセメント質ヘルパーT細胞セメン円コラーゲンケーシングコラーゲン線(繊)維細胞間質トロポコラーゲンプロコラーゲンメルケル細胞コラーゲン (collagen)