コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイフーン級潜水艦(読み)タイフーンきゅうせんすいかん(英語表記)Typhoon class ballistic missile nuclear submarines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイフーン級潜水艦
タイフーンきゅうせんすいかん
Typhoon class ballistic missile nuclear submarines

旧ソ連海軍が建造した世界最大の弾道ミサイル原子力潜水艦。 1982年に配備を開始し,92年の時点では6隻が就役。全長 171.5m,全幅 22.8mという巨大な艦体の艦首部に 100ktマーブ MIRV化弾頭6~9発を装着した射程 8300kmの SS-N-20ミサイル 20基を搭載,司令塔から後部は原子力機関のスペースにあてられている。艦体は複殻式となっており,魚雷攻撃に対し残存性がはかられているほか,艦体全体にソナー波を吸収する吸音材が張られている。また北極海の厚さ 3mの氷を割って浮上し,ミサイルを発射することもできる。艦内には長期航海に備え,サウナ,プールまである。主要目は,水中排水量2万 6500t,全長 171.5m,水中速力 27kn,SS-N-20ミサイル発射管 20,SS-N-15対潜核魚雷,SS-N-16対潜核魚雷,533mm魚雷発射管2,650mm魚雷発射管4。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android