コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残存性 ざんそんせいsurvivability

翻訳|survivability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残存性
ざんそんせい
survivability

核戦略用語で,敵の第一撃に対して,味方の戦略核兵力 (戦略爆撃機ICBMSLBM ) がどれだけ生残れるか,その度合い,耐撃性をいう。 SLBM搭載原子力潜水艦が最も残存性が高いとされている。 ICBMの地下サイロの場合は,主としてサイロの耐撃性,攻撃ミサイルの精度,弾頭の爆発力によって決る。核サイロの耐撃性は psi (1cm2あたり 70.3gの圧力) ではかられるが,一例として耐圧 750psiのサイロに,1Mt弾頭1個が,CEP (半数必中界) 300mの精度で弾着した場合の残存率は約 30%程度と推定される。戦略爆撃機の場合には,警戒待機時間と警報の余裕によって決る。残存性は第二撃能力の基礎であり,抑止力の基本的要素である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

残存性の関連キーワードタイフーン級潜水艦マツタケ(松茸)イヌコリヤナギ中国人民解放軍戦略ミサイル空中司令部画用紙シソ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android