司令塔(読み)シレイトウ

  • しれいとう ‥タフ
  • しれいとう〔タフ〕

デジタル大辞泉の解説

軍艦などで、艦長・司令官が指揮を執る塔。
組織全体の指揮を執る部署や人のたとえ。「選挙戦を支えた司令塔」「プロジェクトチームの司令塔」「合同対策本部が災害復旧の司令塔となる」
チーム戦を行うスポーツで、チームの要となって試合を組み立てる中心選手。サッカーのミッドフィールダーアメリカンフットボールクオーターバックラグビースタンドオフバレーボールセッターバスケットボールポイントガードなど。守備の要となる野球のキャッチャーのこともいう。リンクマン。ゲームメーカー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 軍艦や航空基地などで、艦長、司令官が指揮するために設けられた塔。
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉威海衛艦隊攻撃詳報「扶桑は舷を貫かれて、司令塔に中る」
② 研究や開発のためのプロジェクトチーム、または集団制の運動競技などで、全体を主導し指示する中枢部。また、その人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司令塔の関連情報