司令塔(読み)シレイトウ

デジタル大辞泉の解説

しれい‐とう〔‐タフ〕【司令塔】

軍艦などで、艦長・司令官が指揮を執る塔。
組織全体の指揮を執る部署や人のたとえ。「選挙戦を支えた司令塔」「プロジェクトチームの司令塔」「合同対策本部が災害復旧の司令塔となる」
チーム戦を行うスポーツで、チームの要となって試合を組み立てる中心選手。サッカーのミッドフィールダーアメリカンフットボールクオーターバック、ラグビーのスタンドオフ、バレーボールのセッターバスケットボールポイントガードなど。守備の要となる野球のキャッチャーのこともいう。リンクマン。ゲームメーカー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しれいとう【司令塔】

軍艦や航空基地で、艦長・司令官が指揮をするための塔。
作戦・指示をする中枢部。また、その人。 「プロジェクトの-」
サッカーで、攻守の組み立てを行い、ゲーム全体をコントロールする役割を担う選手。野球の捕手などにもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司令塔の関連情報