コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タケク Thakhek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タケク
Thakhek

別称カムアン Khammouane。ラオス中部の町。首都ビエンチャンの東南東約 250km,メコン川左岸にあり,国境をなす同川をはさんでタイのナコンパノムに相対する。周辺の農牧地帯の中心地で,米,トウモロコシカルダモン,家畜などを集散する。町の北から東にかけてはカルスト地形で知られる石灰岩丘陵が連なり,1963年町にセメント工場が建設された。北西方にはスズ鉱山がある。人口約1万 3000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タケクの関連キーワード田中 伝兵衛(5代目)サバンナケート北の洋 昇ビン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android