コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たい タイ

4件 の用語解説(たいの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい[助動]

[助動][たかろ|たく・たかつ|たい|たい|たけれ|○]《希望の助動詞「たし」の連体形「たき」の音変化》動詞、および助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」の連用形に付く。
話し手の希望を表す。「御飯を食べたい
「日比(ひごろ)月日がおがみたいと思うたに」〈虎明狂・腰祈〉
話し手以外の人の希望を表す。「読みたいなら貸すよ」「やめたい人はやめればいい」
「ある」「である」「なさる」「くださる」や尊敬の助動詞「れる」「られる」に付いて、他に対する希望・要求を表す。…てほしい。「正直者がばかを見ない世の中でありたい」「別表を参照されたい
[補説]「たい」が他動性の動詞に付く場合、希望の対象を表すのに、「水を飲みたい」「水が飲みたい」のように「…ヲ…タイ」「…ガ…タイ」の両形を、室町時代以来用いてきている。連用形「たく」の音便形「とう(たう)」は中世から行われているが、現代語では、「ございます」「存じます」を伴うときにかぎって行われる。また、接続助詞「て」を伴う場合、「たくって」となることもある。3は多く文章語に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たい

( 助動 ) ( たかろ ・たかつ(たく) ・たい ・たい ・たけれ ・○ )
〔古語の助動詞「たし」の転。中世以降の語〕
動詞および助動詞「れる・られる」「せる・させる」の連用形に接続する。
話し手自身の希望を表す。 「おもしろい本が読みたい」 「ぜひ私が行きたかった」
話し手以外の人の希望を表す。 「帰りたければ帰ってもよい」 「大学へ行きたくても行けない人もいるのだ」
「ある」「である」などに付いて、他に対する願望を表す。…てほしい。…であってほしい。 「常にこうありたいものだ」 「交通事故のない町でありたいとみんな願っている」 〔 (1) 連用形「たく」が接続助詞「て」を伴って用いられる場合、「たくって」のように、促音「っ」が挿入されることがある。「母に早く会いたくってしようがない」 (2) 連用形には音便の形「とう」もあり、「ございます」「存じます」などに続く場合に用いられる。「絵がかきとうございます」「お礼にうかがいとう存じます」 (3) 他動性の動詞に付く場合、希望の対象になる語は「が」または「を」で示される。「水飲みたい」「水飲みたい」〕

たい

( 終助 )
文末にあって、強意を表したり、軽く言いはなす意を添える。九州地方で用いられる。 「それはあたりまえ-」 「どのみち同じこと-」

たい

( 接尾 )
〔形容詞型活用[文]ク た・し
名詞、動詞の連用形など体言に準ずるものに付いて、形容詞を作る。
そのことのはなはだしい意を表す。「めでたい」「うしろめたい」など。
そのような状態であることを表す。「けぶたい」「つめたい」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいの関連キーワードたがるたし灼たかた・い仮面ライダーオーズ/タカウゾ仮面ライダーオーズ/タカウタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

たいの関連情報