タチガイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タチガイ
たちがい / 立貝

軟体動物門二枚貝綱に属するカワシンジュガイ科のカワシンジュガイやハボウキガイ科のハボウキガイの地方名。ともに小石や砂の間に殻頂を埋め、後半を立てたようにしているのでこのような俗称がある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android