コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッチパッド Touch Pad

パソコンで困ったときに開く本の解説

タッチパッド

ノートパソコンで使われる、キーボードの手前にある小さな板状のポインティング・デバイスです。その板が「パッド」で、指でこすった方向にポインタが動きます。複数の指によるタッチを認識する「マルチタッチ」を利用し、複数の指でパッドをこすることで、画面の切り換えや表示の拡大縮小といった、特殊な操作ができる機種もあります。タッチパネルを使うスマートフォンタブレットと似た感覚で操作ができる点が便利です。
⇨ジェスチャー、スマートフォン、
タッチパネル、タブレット、
ポインティング・デバイス

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タッチパッド

トラックパッド」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

タッチパッド【touch pad】

「トラックパッド」の別称。⇒トラックパッド

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タッチパッド
たっちぱっど
touch pad

コンピュータの入力装置であるポインティングデバイスの一つ。一般的に、平面状のパネル部分とボタンなどで構成されている。メーカーによって、インテリジェントタッチパッド(ソニー)、NXパッド(NEC)、ホイールパッド(パナソニック)、ウルトラナビ(IBM、レノボ)、トラックパッド(アップル)などの呼称がある。
 パネル状の入力部分には静電式や感圧式などの平板型センサーがあり、これを指でなぞることで画面上のカーソル(マウスポインタ)を動かし、ボタンを押す、あるいはパネル部分をタップする(軽くたたく)ことでクリックなどの操作を行う。ほかのポインティングデバイスと比べて薄型にできることから、ノートパソコンや携帯電話、デジタルオーディオプレーヤーなどで使われることが多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタッチパッドの言及

【入出力装置】より

…SCSIという言葉は,データ転送速度5メガバイト/秒(1秒間に5メガバイト)のSCSI(SCSI-1)から,80メガバイト/秒のUltra2WideSCSIまで,数種類の規格の総称として使われる。タッチパッドtouch pad数cm四方のプラスチックなどの平板にのせた指を動かすことによってポインターを動かすポインティングデバイス。トラックパッド,ポインティングパッドなどともいう。…

※「タッチパッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タッチパッドの関連キーワードスマートフォン・タブレット型端末用語OS X Mountain Lionマルチタッチ・インターフェースベッケル(フランスの映画監督)Lightningコネクターuniversal appsPlayStation 4Google GlassKindle Touchタブレット型コンピュータApple MusicWindowsタッチiPad mini3アップルエーフォーピンチイン/アウトApp StoreiPad Air2LightningFlipboardテトリスモンスター

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タッチパッドの関連情報