コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タバ Taba

デジタル大辞泉の解説

タバ(Taba)

エジプト北東部、アカバ湾の最奥部に面する町。イスラエルとの国境に位置する。14世紀頃につくられた隊商路の中継地に起源し、沖合のファラオ島には12世紀建造のサラディン要塞がある。現在は海岸保養地として知られ、カジノダイビングスポットがある。ターバー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タバの関連キーワードチェスケー・ブジェヨビツェチェスキー・クルムロフサッカラ階段ピラミッドタバナントレニャナ山ビル ライケンバックタバナヌトレニャナ山アレナル火山国立公園階段式ピラミッドマイケル ムーアマラーストラナバトゥカウ寺院ペトシーン公園タバスコソースクレメンチュクハチジョウソウモルダウ[川]メイドゥーム東京都利島村エルベ[川]東京都八丈町

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タバの関連情報