コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タフピッチ銅 タフピッチドウ

デジタル大辞泉の解説

タフピッチ‐どう【タフピッチ銅】

電解精錬によって得られる電気銅を溶融し、さらに精製した銅。酸素を0.02~0.05パーセント含む純度99.9パーセント程度の銅を指す。導電性、展延性に富み、強度が高い。TPC(tough pitch copper)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タフピッチ銅
タフピッチどう

電気銅」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のタフピッチ銅の言及

【銅合金】より

…用途としては,銅の特徴から,導電・伝熱材料,ばね材料,耐食性を重視する機械構造材料などが中心であるが,そのほか電気・電子製品,各種の機械,化学装置,装飾品など,きわめて広く用いられている。
[純銅]
 工業的にも純銅と分類される実用材料には,タフピッチ銅,無酸素銅,リン脱酸銅,その他微量の添加元素を含むものがある。銅製錬の最終工程はふつう電解精製であって,電極板に電着したものを電気銅というが,これを直接加工することはなく,一度,融解し鋳造後加工される。…

※「タフピッチ銅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タフピッチ銅の関連キーワード無酸素銅

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android