コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タワジョク岩(読み)タワジョクがん(英語表記)tawite

岩石学辞典の解説

タワジョク岩

顕晶質粗粒の岩石で,基本的にはソーダライト(60%)とエジリン(35%)から構成され,ネフェリン,Na-長石,ユーディアライトなどが伴われる.アルカリ長石が含まれるに伴って岩石は長石質タワジョク岩からソーダライト閃長岩に移行する.斑状のものはタワジョク岩斑岩という[Ramsey : 1894].ソーダライトを含むイジョライトである.ロシア,コラ(Kola)半島,ルジャヴル─ウルト(Lujavr-Urt)のタワジョク(Tawajok)谷に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android