コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タワジョク岩 タワジョクがんtawite

岩石学辞典の解説

タワジョク岩

顕晶質粗粒の岩石で,基本的にはソーダライト(60%)とエジリン(35%)から構成され,ネフェリン,Na-長石,ユーディアライトなどが伴われる.アルカリ長石が含まれるに伴って岩石は長石質タワジョク岩からソーダライト閃長岩に移行する.斑状のものはタワジョク岩斑岩という[Ramsey : 1894].ソーダライトを含むイジョライトである.ロシア,コラ(Kola)半島,ルジャヴル─ウルト(Lujavr-Urt)のタワジョク(Tawajok)谷に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

タワジョク岩の関連キーワードベロエイル岩

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android