コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジリン aegirine

世界大百科事典 第2版の解説

エジリン【aegirine】

アルカリ輝石に属する鉱物で,エジル輝石またはエジリン輝石ともいう。化学組成はNaFe3+Si2O6であり,カルシウム輝石Ca(Mg,Fe2+)Si2O6のCaをNa,(Mg,Fe2+)をFe3+が置換したもの。同一組成,同一結晶構造で晶癖が異なるものをアクマイトacmite(錐輝石)という。暗緑色~黒色の柱状または粒状の結晶で,先端はピラミッド状を呈することがある。単斜晶糸。モース硬度6,比重3.5~3.6。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエジリンの言及

【輝石】より

…この単斜エンスタタイトはプロトエンスタタイトが急冷して生じた準安定相と考えられている。エジリンaegirineはフェルシックなアルカリ火成岩(例えばセン長岩や粗面岩)などに含まれる。エジリンはオージャイトと固溶体をつくる。…

【輝石】より

…その他の主要な純粋の単斜輝石はCaMgSi2O6(透輝石),CaFe2+Si2O6(ヘデン輝石hedenbergite。灰鉄輝石ともいう),NaFe3+Si2O6(エジリンまたはアクマイトacmite。錐輝石ともいう),NaAlSi2O6(ヒスイ輝石),およびLiAlSi2O6(スポジューメンspodumene。…

※「エジリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エジリンの関連キーワードエジリン普通輝石(データノート)エジリン輝石(データノート)エジリン・オージャイト吉村石(よしむらせき)エジル輝石アプライト方解石エジアパイトエジリン普通輝石ファシビティカ岩セルブスベルク岩イッシンドラ岩レスティワル岩カクストロプ岩メスチグメル岩アルカリ粗面岩エジリノライトソーダ流紋岩カイウエケ岩ソーダ閃長岩マリウポル岩タワジョク岩

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android