半島(読み)はんとう(英語表記)peninsula

翻訳|peninsula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半島
はんとう
peninsula

3方がに囲まれて海に突出した陸地。大規模な半島は地殻変動によってできた隆起部で,小さい半島には硬い岩石の部分が浸食されず残ったものや,島が砂の堆積によって陸に続いた陸繋島のようなものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐とう〔‐タウ〕【半島】

海に向かって長く突き出している陸地。小さいものは・鼻などという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんとう【半島 peninsula】

海に突き出した陸地の部分。スカンジナビア半島イベリア半島のように大きな半島もあれば,三浦半島のように小さいものもある。半島より小さい陸地の突出部は岬,鼻などと呼ばれることが多い。半島の大きなものは大規模な地盤運動によって形成されるが,小さなものは沈水した山稜部が半島となったり,硬い岩石が浸食から残って突出する場合がある。半島は三方を海に囲まれているため気候は海洋性であり,伊豆半島フロリダ半島のように温暖な気候を利用して保養地,別荘地になったり,かんきつ類,花卉(かき)の産地などになることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんとう【半島】

海に向かって細長く突き出た陸地。小規模のものは岬・崎・鼻などと呼ぶ。 「能登-」 〔オランダ語 half eiland (半分の島)、あるいは schiereiland (ほとんど島)を日本で訳したとされる。「訂正増訳采覧異言」(1801年)にある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半島
はんとう
peninsula

陸地が海や湖へ長く突出している部分。大規模な半島としては、アラビア半島、インド半島、バルカン半島などがあり、小規模なものとしては日本の三浦半島(神奈川県)、男鹿(おが)半島(秋田県)、能登(のと)半島(石川県)、佐田岬(さだみさき)半島(愛媛県)などきわめて多い。大小の規模は一般に相対的なものであるから、ヨーロッパ大陸はユーラシア大陸の半島にあたる。北ヨーロッパのスカンジナビア、ヨーロッパ南西部のイベリア、イタリアなどの半島はヨーロッパの半島である。もっとも小規模なものは、陸地が沈水したために尾根部分が半島状に残ったもので、半島という呼称がつけられていないものが多い。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半島の関連情報