ダイヤモンド富士(読み)だいやもんどふじ

知恵蔵miniの解説

ダイヤモンド富士

富士山の頂上に太陽が重なる瞬間の光景のこと。富士山が東か西の方向(ともに南北35度以内)に見える場所で起こり、富士山頂の直上に太陽が位置するのは年に2回で各3日(3回)程度。ダイヤモンド富士が見られる日にちや時間は、観測地点により異なる。山中湖では2007年から「ダイヤモンド富士ウィークス」が開催されるなど富士山と太陽が稀に見せる光景に人気が集まっている。

(2012-11-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ダイヤモンド‐ふじ【ダイヤモンド富士】

日の出または日没時、富士山の山頂に太陽が重なり輝いて見える状態。富士山が東か西の方角に見える場所で、気象条件がそろった場合に見ることができる。→パール富士

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイヤモンド富士の関連情報