方角(読み)ホウガク

デジタル大辞泉の解説

ほう‐がく〔ハウ‐〕【方角】

ある地点をもとにして、東西南北で表した方向。「北の方角
吉凶にかかわる方位。「方角が悪い」
そのもののある方向。「火事は家の方角だ」
考え方の方向。見当。「違った方角から考えてみる」
事をする方法。やり方。てだて。「和解させる方角が立たない」
方向用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうがく【方角】

方位ほうい。 「南の-」
方向。進路。向き。 「駅の-に向かって歩き出す」
手段。方法。てだて。 「和なだめる-もなく無言で聞流してゐた/社会百面相 魯庵
[句項目] 方角が付く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐がく ハウ‥【方角】

〘名〙
※中右記‐大治二年(1127)三月二〇日「同明経道勘文、焼亡之後記注文、方角丈尺勘文、神宝焼失等文、合六通也」
※浮世草子・好色一代女(1686)五「長町の西かは、ひがし北南その方角(ハウガク)に奉公せし蓮葉女」
② その人やものが向かっている、または、進んでいる方向。進路。むき。
※発心集(1216頃か)二「さて方角(ハウカク)にをびも無て隠れ居たりける程に」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「手水にいかふ。コリャまっくらで方角(ホウガク)がしれぬ」
③ 施すべき手段。なす方法。てだて。すべ。
※大乗院寺社雑事記‐文明一四年(1482)四月三日「旁以寺家之成敗方角之間」
④ 物の見方の方向。考え方の傾向。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「只『もう一度其様(そん)な身になってみたい』とばかり。とんと方角が違ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の方角の言及

【方違】より

陰陽(おんみよう)道で忌むとされる方角を避ける風習。外出するのにその方角が禁忌とされる場合,前日に他の方角へ赴いて泊まり,そこから目的の地にゆくものである。…

【方位】より

…島民のほとんどは西海岸に住む。西海岸では,方位としての〈山〉は東の方角,同じく〈海〉は西を,〈下〉は北を,〈上〉は南を指す。しかし,北の端にいくと,方位としての〈海〉は北を,〈下〉は西を指す。…

※「方角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方角の関連情報