コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダブルパン double pan

1件 の用語解説(ダブルパンの意味・用語解説を検索)

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ダブルパン【double pan】

➀口径が同じ片手鍋とフライパンが一組になっているもの。フライパンをふたとして、かぶせることができる。焼く、煮る、蒸す、揚げるなど、さまざまな用途に使える。アルミニウム製のものが多い。
➁湯せんのための鍋で、2つの鍋を重ねて一組になっているもの。ステンレス製、ガラス製、ほうろう引きなどがある。◇「ダブルボイラー」ともいう。

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のダブルパンの言及

【なべ(鍋)】より

…両手つきのものが多いが,ミルクパンのように小型の片手なべもある。焦げつきやすい材料を加熱するには,ダブルパンと呼ぶ二重なべを用いる。これは外なべと内なべとの二重構造になっており,外なべに水を入れて湯煎(ゆせん)しながら内なべの中の材料を煮る。…

※「ダブルパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダブルパンの関連情報