コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口径 こうけいcaliber

翻訳|caliber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口径
こうけい
caliber

火砲,火器の発射口の直径 (内径) のこと。ライフルと呼ばれる溝が刻まれている場合は山と山の間の長さをはかる。砲の大きさを表わすのに,たとえば口径 100mmといった用語法を慣用する。また砲身の長さを表わすのに口径の倍数をもってする。たとえば 50口径 20cm砲といえば,内径が 20cm,砲身の長さが 10mを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐けい【口径】

円筒形の物体の口の差し渡し。銃砲の筒やレンズなどの内径。「32口径拳銃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうけい【口径】

大砲や管くだなど、円筒形のものの内径。
レンズ・鏡の有効直径。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口径の関連キーワードマウナ・ケア天文台群スモールボアライフルシュミット・カメラビッグボア射撃競技シュミット望遠鏡スパイラル鋼管ドレッドノートクリミア天文台三八式歩兵銃凝灰岩円頂丘ケック望遠鏡ライフル射撃小口径鋼管屈折望遠鏡開口合成法中口径鋼管極限等級カノン砲軽巡洋艦Keck

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口径の関連情報