口径(読み)こうけい(英語表記)caliber

翻訳|caliber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「口径」の解説

口径
こうけい
caliber

火砲火器の発射口の直径 (内径) のこと。ライフルと呼ばれるが刻まれている場合は山と山の間の長さをはかる。の大きさを表わすのに,たとえば口径 100mmといった用語法を慣用する。また砲身の長さを表わすのに口径の倍数をもってする。たとえば 50口径 20cm砲といえば,内径が 20cm,砲身の長さが 10mを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「口径」の解説

こう‐けい【口径】

〘名〙 円筒形のものの、口の直径。特に、銃砲の砲身、光学器械のレンズなどについていう。
和蘭字彙(1855‐58)「銃ノ口径」
※旅‐昭和二六年(1951)六月号・村の天文台〈山本一清〉「口径二十センチのシーロスタト鏡と焦点距離七メートルの太陽カメラ」 〔礼記‐投壺〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android