コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダランベールの判定法 ダランベールのはんていほうd'Alembert's test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダランベールの判定法
ダランベールのはんていほう
d'Alembert's test

項比判定法ともいう。正項級数の収束,発散を判定するための定理。正項級数 Σaia1a2+…+an+… ( a1≧0 ,a2≧0 ,…,an≧0 ,…) が与えられたとき,ある番号 n から先の項について,比 an+1/an をつくる。ここで n→∞ ならば,an+1/an→ρ とすれば,ρ<1 のとき級数は収束し,ρ>1 のとき級数は発散する。 ρ=1 のときは収束することもあり発散することもあるので,判定できない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android