コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダ・コスタ症候群の名前の由来 だこすたしょうこうぐんのなまえのゆらい

家庭医学館の解説

だこすたしょうこうぐんのなまえのゆらい【ダ・コスタ症候群の名前の由来】

 アメリカの医師J・M・ダ・コスタ(1833~1900年)が、南北戦争(1861~1865年)に参加した兵士に、心臓に器質的異常がないにもかかわらず頻発した特異な機能性心症状を、心臓過敏症として初めて記載したことから、のちにダ・コスタ症候群呼ばれるようになりました。
 現在は、心臓神経症と呼ばれるのが普通です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報