コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェコ近代美術 チェコきんだいびじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェコ近代美術
チェコきんだいびじゅつ

チェコの近代美術は 20世紀に始る。首都プラハでは西ヨーロッパの美術の紹介が活発化し,美術の国際性が自覚されるようになった。先駆者としてパリで活躍した F.クプカがあげられるが,国内では 1910年代後半に顕著になったキュビスム的動向が近代主義の最初で,B.クビシュタ,J.チャペックらが著名。キュビスムの影響は建築にも及び,J.ホホールらによるキュビスム建築を生んだ。 30年代にはシュルレアリスム的な作品が多くみられるようになり,シュトリスキー,J.シマらがチェコ独自の幻想絵画を生み出した。美学者でもあった K.タイゲはロシア構成主義と共通するデザインで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェコ近代美術の関連キーワードプラハ国立美術館

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android