コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 チェコフィルハーモニーかんげんがくだんČeská filharmonie

世界大百科事典 第2版の解説

チェコフィルハーモニーかんげんがくだん【チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 Česká filharmonie】

チェコの管弦楽団。最初の演奏会は1896年1月4日ドボルジャークの自作指揮で行われた。初め団員はプラハ国民劇場の管弦楽団の団員を兼ねていたが,1901年に独立。独立後3代目の首席指揮者タリヒVáclav Talich(1883‐1961)の在任中(1919‐41)に水準を飛躍的に高めた。第2次大戦後45年にチェコスロバキアの国営とされ,他の演奏団体や独奏家もその傘下に収めた新たな組織に改組された。その間首席指揮者としてクベリークRafael Kubelik(1914‐96),アンチェルルKarel Ančerl(1908‐73),ノイマンVáclav Neumann(1920‐95)とかわり,アンチェルルの時代(1950‐68)に世界有数の交響楽団の地位を得た。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の関連キーワードイングヴェイ マルムスティーンゲルト アルブレヒトズデニェク マカールラデク バボラークプラハの春音楽祭ルドルフィヌムアシュケナージマルティヌークーベリクスーク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の関連情報