傘下(読み)さんか

精選版 日本国語大辞典「傘下」の解説

さん‐か【傘下】

〘名〙 (かさの下にはいるの意) ある首脳者、中心人物の下に部下、同志となって寄り集まること。また、一つの組織に属していること。翼下。〔現代用語辞典(1925)〕
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉アテンド悲歌「たて続けに開店して行って、あっというまに下八店舗」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「傘下」の解説

さん‐か【傘下】

全体を一つの勢力としてまとめる指導的な人物や機関の下で、その統制・支配を受ける立場にあること。翼下。「傘下に入る」「傘下に置く」
[類語]管下管内管区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android