コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チップソー チップソー

1件 の用語解説(チップソーの意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

チップソー

建材などを切るための工具である丸鋸の刃の事。ステンレスや鉄、アルミ、木材など、切る材によって種類も様々なものがある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチップソーの言及

【鋸】より

…木材の手びき用には既述の縦びき,横びき,ばら目のほかに細かい歯で精密にひく胴付(どうづき)鋸(鋸身の薄さを補強する背金がつくので背金鋸ともいう),端止溝を挽く畔(あぜ)びき鋸,舟大工の用いる摺合せ(すりあわせ)鋸,曲線を挽く引(突)回し鋸などがあり,さらに手びき製材に用いられてきた縦びき用の大鋸(おが),前びき大鋸,かがり,両びき(両頭)鋸などがある。(5)は手びき鋸,機械鋸を問わず,ほとんどのものは炭素工具鋼5~6種(鑢(やすり)のかかる程度の硬さ)であるが,最近丸鋸などには超硬質合金(炭化タングステン)などを付刃するものが多くなり,これをチップソーという。
[手入れ]
 手びき鋸は目立鑢(めたてやすり)で,機械鋸はグラインダーで研削する。…

【木工機械】より

…20世紀の初めにアメリカで発明された高速度鋼は,600℃になっても硬さの変化が少ないので,木工刃物にも用いられるようになった。また,木材を合成樹脂で接着した合板やパーティクルボードは刃物を急速に摩耗させるので,最近は丸のこの歯先に超硬合金を付け歯したチップソーで切断するようになった。最近の木工機械の大きな変化は,コンピューターの発達を背景にして,数値と記号で構成された数値情報により各種の運動を制御する数値制御(NC)木工機械の出現と,材料の軽量化および部品の小型化による携帯用あるいは家庭用機種の普及である。…

※「チップソー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チップソーの関連キーワードダイス口を切るプライヤー身を切る指を切る切出し狭匙で腹を切るチェーンカッタータガネ (hardy )溝切 (fuller)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone