コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸鋸 マルノコ

デジタル大辞泉の解説

まる‐のこ【丸×鋸】

円形の鋼板の周囲に歯を刻んだ(のこぎり)。丸鋸盤に取り付け、回転させて切断する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まるのこ【丸鋸】

鋼鉄の円板の周りに歯を刻んだ鋸のこぎり。丸鋸のこ盤・電気鋸に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の丸鋸の言及

【鋸】より

…手びきでも押すと引くの別があり,日本の現在のものはすべて引く形式であるが,外国ではすべて押してひく形式である。(2)には普通の手びき鋸,円板形の丸鋸,帯状の帯鋸や鎖鋸(チェーンソー)などがあり,手びき鋸には片刃,両刃のほか,細身の引(突)回し鋸,弦かけ鋸,枠鋸,両びき鋸などいろいろある。(3)には往復,回転,連続走行の三つがあり,手びき鋸はすべて往復であり,機械鋸のうちでも筬(おさ)鋸やミシン鋸は往復動である。…

※「丸鋸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丸鋸の関連キーワード振り子鋸・振子鋸石岡府中杉細工エステックヒル(蛭)チップソー金切り鋸盤電動工具木工機械金切鋸盤機械鋸伐採機縦挽き鋼鉄製材円板

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸鋸の関連情報