コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウタージーパゴダ チャウタージーパゴダChaukhtatgyi Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

チャウタージーパゴダ【チャウタージーパゴダ】
Chaukhtatgyi Pagoda

ミャンマー最大の都市ヤンゴン(ラングーン)にあるパゴダ(仏塔)。同じくヤンゴン市内にある最も有名なシュエダゴンパゴダによく似ていて、階段かエレベーターを使ってパゴダに登ることができる。かつて1907年につくられた、ミャンマー最大、全長70mの寝釈迦像があったが、長い歳月の間に痛みが激しくなったため、1957年に取り壊されてしまった。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android