コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャウタージーパゴダ チャウタージーパゴダ Chaukhtatgyi Pagoda

1件 の用語解説(チャウタージーパゴダの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

チャウタージーパゴダ【チャウタージーパゴダ】
Chaukhtatgyi Pagoda

ミャンマー最大の都市ヤンゴンラングーン)にあるパゴダ(仏塔)。同じくヤンゴン市内にある最も有名なシュエダゴンパゴダによく似ていて、階段かエレベーターを使ってパゴダに登ることができる。かつて1907年につくられた、ミャンマー最大、全長70mの寝釈迦像があったが、長い歳月の間に痛みが激しくなったため、1957年に取り壊されてしまった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャウタージーパゴダの関連キーワードピンマナミャンマーヤンゴンラングーンネーピードーヤングコーン蘭貢ラングーン事件ミャンマーの反政府デモ在日ミャンマー人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone