コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャパラ[湖] チャパラ

2件 の用語解説(チャパラ[湖]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チャパラ[湖]【チャパラ】

メキシコ中央部,グアダラハラの南方40km,標高1524mにある同国最大の湖。面積1112km2最大水深11m。北岸のチャパラ,アヒヒクなどは風光のよい保養地で,芸術家のコロニーとしても知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チャパラ[湖]【Lago de Chapala】

メキシコ中央部にあるメキシコ最大の湖。西シエラ・マドレ山脈メキシコ新期火山帯の交わる標高1524mの位置にある。大部分がハリスコ州,一部がミチョアカン州にまたがる。面積1740km2。水深10.8m。東部からレルマ川が流入し,北東岸のオユトランからリオ・グランデ・デ・サンチアゴ川が流出している。湖畔は灌漑によって農耕地が開ける。湖面には多くの島々があり,風光のよい保養地としても知られている。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャパラ[湖]の関連キーワードメキシコ湾メキシコ湾流メキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀トゥーラ遺跡メキシカンメキシコシティメキシコ・セット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone