コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風光 フウコウ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐こう〔‐クワウ〕【風光】

自然の美しい眺め。景色。「風光に恵まれた地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうこう【風光】

自然の美しいながめ。景色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風光の言及

【風景】より

…景は〈ひかり〉の意。風光というのと同じ観念に出る語。風と光とで眼前に広がる自然をとらえるのは,風景の語の最も早い用例の一つが中国の3~4世紀ころの《世説新語》に見え,風光の語も六朝・隋・唐から使用が盛んになるように,六朝期における自然観照の態度の確立と関連している。…

※「風光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風光の関連キーワード西長門海岸県立自然公園ナポリを見てから死ねコーモックスバレーノーフォーク[島]リブチェフラズシルバプラーナウエストコークチャパラ[湖]タウポ[湖]トバゴ[島]カレッツァ湖ウズンギョルデンパサールオーベルニュネムルト湖スケーエン玄海[町]高山[市]ボーヒニ湖コスラエ島

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風光の関連情報