芸術家(読み)げいじゅつか

精選版 日本国語大辞典「芸術家」の解説

げいじゅつ‐か【芸術家】

〘名〙 芸術作品を創造し、また、表現する人。詩人美術家音楽家
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二一「敢て媚びぬ限りは、遍き嗜好を得るのを望むが決して芸術家(ゲイジュツカ)の恥ではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「芸術家」の解説

げいじゅつ‐か【芸術家】

芸術作品の創作活動を行う人。「芸術家気取り」
[類語]アーチスト音楽家画家画工がこう絵かき絵師画伯デザイナー画工えだくみ画人墨客イラストレーターグラフィックデザイナー漫画家画聖画仙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芸術家の言及

【工房】より

…職人や芸術家(工匠)の仕事場。転じて,そこで親方・師匠に従って制作に従事する人的組織。…

【パトロン】より

…同様の意味をもつフランス語のメセーヌmécèneは,古代ローマのアウグストゥス帝の顧問であったマエケナスG.Maecenasの名に由来し,彼が自宅や別荘を開放して詩人たちを後援した故事に基づく。芸術家は本来,実用的な生産物や加工品の生産者でもないし,流通に携わる商人でもない。必然的に,彼らの創造はなんらかの擁護者,注文主,購入主を必要とする。…

※「芸術家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android