チョウセンヤマツツジ(読み)ちょうせんやまつつじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「チョウセンヤマツツジ」の解説

チョウセンヤマツツジ
ちょうせんやまつつじ / 朝鮮山躑躅
[学] Rhododendron yedoense Maxim. var. poukhanense (Lév.) Nakai

ツツジ科(APG分類:ツツジ科)の落葉低木。葉は長楕円(ちょうだえん)形で両端はとがり、芽の鱗片(りんぺん)に腺点(せんてん)があり、粘る。5月、径4~6センチメートルの紅紫色花を開く。萼片(がくへん)は長楕円形、雄しべは10本。対馬(つしま)、および朝鮮半島に分布する。本種の園芸品種に八重咲きのヨドガワツツジ淀川躑躅)があり、古くから栽培されている。

[小林義雄 2021年4月16日]

 対馬に自生するものは変種でタンナチョウセンヤマツツジともいう。

[編集部 2021年4月16日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチョウセンヤマツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…モチツツジ類は花も葉も大型で,若枝や花柄に粘毛のあるものが多い。静岡県以西,四国にモチツツジR.macrosepalum Maxim.(イラスト),中国地方,四国,九州にキシツツジR.ripense Makino(イラスト,対馬にチョウセンヤマツツジR.yedoense Maxim.,奄美大島から沖縄本島にケラマツツジR.scabrum D.Don(イラスト),八重山諸島にサキシマツツジR.amanoi Ohwi,小笠原の父島にムニンツツジR.boninense Nakaiがある。【山崎 敬】
[園芸品種]
 ツツジの花にはバラやボタンの花のような豪華さはないが,庶民的で親しみのもてるかれんさがある。…

※「チョウセンヤマツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android