コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンジュ(定州) チョンジュChǒngju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンジュ(定州)
チョンジュ
Chǒngju

北朝鮮,ピョンアンプク (平安北) 道の南部,タルチョン (撻川) 江下流域のチョンジュ平野にある町。チョンジュ郡の郡庁所在地。ピョンヤン (平壌) から中国東北地方に向う交通の要衝で,古くから軍事上も重視されてきた。高麗軍が契丹軍を大破し,のちには元軍と交戦した地であり,日露戦争でも朝鮮における初戦がかわされている。チョンジュ平野はチョンジュ灌漑区があり,米,オオムギ,コムギの栽培が盛ん。西に接するクアクサン (郭山) 平野とともに道の穀倉で,産米はチョンジュ米と呼ばれて有名である。国営農機械作業所,果樹農場などがある。ピョンウイ (平義) 鉄道が通り,ピョンブク (平北) 鉄道と接続する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android