要衝(読み)ようしょう

精選版 日本国語大辞典 「要衝」の意味・読み・例文・類語

よう‐しょう エウ‥【要衝】

〘名〙 交通商業軍事などの面から見て、もっとも大切な地点場所要所要地。「交通の要衝」
※東帰集(1364頃)天関「把定虚空要衝 雲開雲闔弁来風」 〔後漢書‐傅燮伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「要衝」の意味・読み・例文・類語

よう‐しょう〔エウ‐〕【要衝】

軍事・交通・産業のうえで大切な地点。要所。「交通の要衝
[類語]要地要所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「要衝」の読み・字形・画数・意味

【要衝】よう(えう)しよう

交通。また、攻防の要所。宋・岳飛〔奏して鎮南軍承宣使を辞する第三状〕況(いは)んや九江は乃ち扼(こうやく)の重地、武昌なりて襟帶(きんたい)の衝なり。瑜の曹(操)を赤壁に敗る以(ゆゑん)なり。

字通「要」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android