コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルコマッシモ Circo Massimo

デジタル大辞泉の解説

チルコ‐マッシモ(Circo Massimo)

イタリアの首都ローマにある古代ローマ時代に造られた大競技場の遺跡。パラティーノの丘アベンティーノの丘の間に位置する。かつては全長620メートル、幅120メートルの大競技場として騎馬戦車レースなどが行われた。最大収容人数は15万人とも30万人ともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

チルコマッシモ【チルコマッシモ】
Circo Massimo

イタリアの首都ローマに残る古代ローマ時代の遺跡の一つ。フォロロマーノのパラティーノの丘とアヴェンティーノの丘の間の谷間にある巨大な競技場跡である。この競技場は、ローマ王政時代の紀元前4世紀ごろに建設され、共和制、帝政期を通じて整備・拡張が続けられ、7万人を収容する施設となった。現在は草原になっているが、ここで映画『ベン・ハー』でもおなじみの戦車レースなどが繰り広げられた。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android