谷間(読み)タニアイ

デジタル大辞泉の解説

たに‐あい〔‐あひ〕【谷間】

山と山との間のくぼんだ土地。たにま。

たに‐ま【谷間】

谷の中。たにあい。
高いものの間の低い所。「ビルの谷間
活動などの盛んでない部分。「景気の谷間」「福祉の谷間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たにあい【谷間】

谷の中。たにま。

たにま【谷間】

谷の中。たにあい。また、谷のようになっているところ。 「ビルの-」 「景気の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たに‐あい ‥あひ【谷間】

〘名〙 山と山とがせまり、凹んでいるところ。たにま。たにふところ。また、物と物との間の凹んでいるところ。
※新撰六帖(1244頃)一「しげ山のそかひの道のあひは夏とて風のふかぬ間もなし〈藤原為家〉」

たに‐ま【谷間】

〘名〙 谷のなか。たにあい。また、比喩的に物と物とのあいだのくぼんだところ。物事のあいだにあって活動のさかんでないところにもいう。「景気の谷間」「連休の谷間」
※虎明本狂言・瓜盗人(室町末‐近世初)「当年は山をつくり、谷間より罪人をいだし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷間の関連情報