コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルドビーフ チルドビーフchilled beef

デジタル大辞泉の解説

チルド‐ビーフ(chilled beef)

熟成適温の低温で冷蔵し、輸送期間中に熟成が終わっている牛肉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

チルドビーフ

 肉の氷結点−1.5℃よりわずかに高い温度で保存した牛肉.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

チルドビーフ【chilled beef】

摂氏0度で半凍結状態にした牛肉。冷蔵肉より保存がきき、冷凍肉より鮮度がよい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のチルドビーフの言及

【牛肉】より

…乳牛(ホルスタイン種)の雄の子牛も肥育されて肉用となる。外国のものは大部分チルドビーフとして輸入されているが,これは冷蔵肉と凍結肉の中間の温度(約-1℃)に保冷されているもので,冷蔵肉より汚染の菌の増殖が少なく,凍結肉のように解凍による浸出液(ドリップ)が少ないという利点がある。 牛肉の部位による名称は,明治以来の外来語のなまった日本式のものと,最近の輸入肉の増加により,スーパーマーケットなどでみられるアメリカ式のものとが用いられている(図)。…

※「チルドビーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報