コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリオイ Thourioi; Thurii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリオイ
Thourioi; Thurii

イタリアのタラント湾沿岸にあった古代ギリシアの一都市。最初,ギリシア植民地のクロトンシュバリスの間の戦いで敗れたシュバリスの市民が,アテネ人の助力により建設したが (前 452) ,アテネ人に追われたためシュバリス人はさらに南に新都を建設した。その後全ギリシアからの植民者がアテネ人によって集められ (前 444/3) ,近くの泉にちなんでツリオイと新たに命名された。前 390~389年ルカニア人の侵略を受け,ローマに援助を請い,前 282年にローマの駐屯軍を受入れたが,前 193年にはローマ植民地となり,コピアと呼ばれ,のちにラテン名ツリイとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android