コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツリオイ Thourioi; Thurii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツリオイ
Thourioi; Thurii

イタリアのタラント湾沿岸にあった古代ギリシアの一都市。最初,ギリシア植民地のクロトンシュバリスの間の戦いで敗れたシュバリスの市民が,アテネ人の助力により建設したが (前 452) ,アテネ人に追われたためシュバリス人はさらに南に新都を建設した。その後全ギリシアからの植民者がアテネ人によって集められ (前 444/3) ,近くの泉にちなんでツリオイと新たに命名された。前 390~389年ルカニア人の侵略を受け,ローマに援助を請い,前 282年にローマの駐屯軍を受入れたが,前 193年にはローマ植民地となり,コピアと呼ばれ,のちにラテン名ツリイとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツリオイの関連キーワードアレクシス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android