コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツープラスフォー会議 ツープラスフォーかいぎtwo-plus-four meetings

1件 の用語解説(ツープラスフォー会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツープラスフォー会議
ツープラスフォーかいぎ
two-plus-four meetings

東西ドイツの2ヵ国と,第2次世界大戦対ドイツ戦勝4ヵ国のアメリカイギリスフランス,ソ連の計6ヵ国が,統一ドイツ成立に向けて対外的側面を調整するため開催した会議。 1990年4月から9月まで計4回開催された。おもな議題は,統一ドイツとポーランドとの国境画定,軍事機構帰属を中心とした安全保障体制,戦勝4ヵ国のドイツに対する権利と責任の終結などであった。ドイツ統一をめぐる諸問題については,この会議以外に両独,独ソなどの2国間および多国間会議でも話合いがなされたが,9月の第4回会議で調印された「ドイツに関する最終規定条約」により国際的枠組みが画定された。この会議の成果と東西ドイツ間の国家条約を経て,最終的に 90年 10月3日にドイツが統一された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone