成果(読み)セイカ

  • せいか ‥クヮ
  • せいか〔クワ〕
  • なりおお・せる ‥おほせる
  • なりはて
  • なりは・てる
  • なれのはて

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 なしえた結果。できばえ。〔哲学字彙(1881)〕
※歩兵操典(1928)綱領「全軍一体の実を挙げ始めて戦闘の成果を期し得べく」
〘他サ下一〙 なりおほ・す 〘他サ下二〙 すっかりそのものになる。なりきってしまう。なりすます。なりはてる。
※万代(1248‐49)雑「山深みさびしき宿のあるじとはなりおほせたる身にも有るかな〈慈円〉」
〘名〙 物事の終わった結果。のちの事。なれのはて。
※史記抄(1477)三「事のついでに東西周のなりはてを云ぞ」
〘自タ下一〙 なりは・つ 〘自タ下二〙
① 終わる。また、最後にはそうなってしまう。なり終わる。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇六「ひとびとは をのがちりぢり わかれなば たのむかげなく なりはてて〈伊勢〉」
② 特に、好ましくない状態になる。なりさがる。おちぶれる。
※太平記(14C後)一一「遂に乞食の如に成果(なりハテ)て」
〘名〙 なりはてたところ。おちぶれはてた姿。おちぶれた結果。なれるはて。
※日葡辞書(1603‐04)「アノ ヒトノ nareno(ナレノ) fatega(ハテガ) ミタイ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成果の関連情報